隣地と1メートル未満なら窓に目隠しが必要?

前回は隣地と建物の距離について書きました。
隣地との関係において、他にも気を付けなければいけない点があります。
それは目隠しです。

今日は目隠しについて書きます。
民法に観望制限というものがあるのです。

民法235条

「境界から1メートル未満の距離において他人の宅地を見通すことのできる窓又は縁側(ベランダを含む。次項において同じ)を設けるものは、目隠しを付けなければならない。
「前項の距離は、窓又は縁側のもっとも隣地に近い点から垂直線によって境界線に至るまでを測定して算出する」

近いお隣の窓から敷地をのぞかれたらいやですよね。
プライバシーを守るためにこの条文はあります。

「近い」というのは1メートル未満ですよ、ということです。
隣地から1メートル未満の窓やベランダには目隠しを付けなければいけません。

目隠しとはどういうものか

付けなければいけない目隠しとはどういうものでしょうか。
普通の目隠しを付ければ問題はないのですが、付ける側からすればなくべくカッコよく、見栄えの良いものにしたいですよね。

FIX窓

FIX窓とは開かない窓のことです。
FIX窓に透明でないガラス(型ガラス、すりガラス)を入れれば目隠しとなります。
これは外が見られないから文句なく目隠しです。

どうせFIXにするのなら写真のように丸窓にすると面白いです。

高い位置の窓

高い位置につけた窓で滑り出し窓も型ガラスにすれば目隠しになると言われています。
これも「容易には隣地が見渡せない」ですよね。
換気や採光は出来るけれども、お隣は見られません。

空しか見えません。

これもOK。

目隠しにならないもの

室内ブラインドは開けられるので目隠しにはなりません。

引き違いの窓をすりガラスにしても、開けると隣が見えるので目隠しにはなりません。

この辺りはそれはそうでしょうね。

どちらが付けなければいけないか

お隣さんも敷地から1メートル未満。
こちらの新築も敷地から1メートル未満の場合、

お互い様なのですが、順序があります。

あとから建てる方が目隠しを付ける必要があるようです。

判例があるようですね。

お隣さんは宅地か

「他人の宅地を見通すことのできる窓又は縁側」に目隠しを付けるとあります。
つまり、見えるお隣が宅地でなければ、目隠しを付けなくてもいいのです。

例えば、お隣さんが工場。
お隣さんが田んぼ、畑などの農地
こういう場合は目隠しをする必要はありません。

目隠しの無い窓が多いのはなぜ

どう見ても隣と1メートル未満なのに目隠しの付いていない家はたくさんあります。
どういうことでしょうか。

この条文は無視されているのでしょうか。
そうではありません。

この条文には続きがあるのです。
それが民法第236条です。

民法第236条

境界線付近の建築に関する慣習として。
民法第236条があります。
「前二条の規定と異なる慣習があるときは、その慣習に従う。」

またまた出ました。
民法第235条の隣地から50センチ離す規定の時も、結局は「地域の慣習に従う」、と言うのが普通です。
その時と同じで民法第236条があります。

この規定により、街中、駅前の繁華街はあんなに接近しているし、目隠しもないというわけです。

民民承諾

もちろん、お隣さんと仲が良くて目隠しをしなくてOKだよ。ということであれば何の問題もありません。
相隣間の合意があれば問題なし。
念を入れるならば、「承諾書」などをもらっていれば安心でしょう。

建築確認には問題なし。お隣さんとは仲良くね

民民の話なので、1メートル未満の窓に目隠しがなかろうと、50センチ以内に建てようと建築確認申請は通ります。

私、五条はマンションデベロッパーの時は時々、お隣さんに言われて、新しく建てるマンション側に目隠しを設置しました。

でも戸建ての営業になってからは、目隠しを付けたことは無いですね。
田舎なので1メートルを切ることもあまりないですし、

そもそも、こういう法律があることも一般の方は知らないことが多いですから。

ただお隣さんとは仲良くしたいので、今日の話の1メートル未満の窓の目隠しなどは慎重に進めましょう。

今日はここまで。
記事が皆様の家づくりの参考になれば幸いです。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)