マイホームの断熱をしっかりすると空気が違う感じ

日本の高気密・高断熱住宅は北海道で研究、実践されてきました。

それは、それは、大変な社会実験だったと聞いています。

 

北海道で試行錯誤が行われた

いろいろな説に基づき、実際に家が建てられ、成功も、失敗もあったそうです。

結露で家の寿命を縮めた例も数知れず。

 

その試行錯誤の末の現在の高気密・高断熱住宅なのです。

北海道に足を向けて眠れません。

そして、断熱材の違いと入れ方に各社の工夫、工法が出来てきました。

 

以下、いろいろな断熱材の種類と特徴を紹介します。

 

断熱材の種類

繊維系断熱材

グラスウール(ガラス繊維)、ロックウール(岩綿)など。

水を吸い込む、湿気の侵入を防ぐことができなく、防湿層が必要

安いので、最も一般的です。やはり、安価なことは大切です。

防音効果もある。

音楽室やシアタールームにも使う。

 

板状の発砲プラスティック断熱材

ポリスチレンフォーム、ウレタンフォーム、ポリエチレンフォーム

水に強い。難燃性だが燃えるものもある。

現場で発泡するタイプもあります。

建築現場でホースで吹き付けている映像をリフォーム番組などで見たことがあるかもしれません。

 

木質繊維系断熱材

インシュレーションボードは断熱材というより外壁材の下地であり、構造材。(木質繊維を板状にしたもの)、

セルロースファイバーは古紙の再利用でエコ。

ホウ酸を調合して防虫している。

 

自然系断熱材

ウール、コルクなど。

ウールは衣類に使えないものを使うらしい。でないともったいないですよね。

調湿効果がある。

何か体によさそう。

 

主なものはこれくらいでしょうか。

 

各社は主張するが、一番大切なものは

断熱材のメーカーは当然、自社の工法が一番であると主張します。

他社の製品の問題点を指摘します。

 

水に弱い。燃える。化学物質がでる。価格が高い。施工が面倒。

いろいろとあら探しをします。

 

ただ客観的に見て、何かこれでなければだめ、ということもないと思います。

各商品にもランクがありますしね。

 

断熱性能が低くても厚みを増せば性能を上げることもできます。

なにより、正しく施工されていることが大切だと思います。

 

熱橋

鉄骨造、RC造の場合、最大の問題は熱橋です。

ここの対策、補強が大事になります。

 

熱橋は外壁と内壁の間の柱や梁が熱を伝える現象のことです。

外気の暑さ寒さが、柱や梁を通して室内に入ってきます。

文字通り「熱を伝える橋」になるわけです。

 

木造の場合、木も断熱材に比べると熱を伝えるために、柱や梁は熱橋になります。

ただ、木は鉄やコンクリートに比べると断熱性能があるので、熱橋対策をとることは少ないです。

 

断熱というとすぐに冬の技術のように捉えられがちですが、夏の涼しさをつくるものでもあります。

夏の日中の熱を断熱で防ぎ、夜の通風を図ります。

 

その場合、特に知っておかなければいけないことがあります。

それは屋根の断熱が重要ということです。

 

屋根断熱と天井断熱どちら

夏はかんかんに焼けた屋根から、熱が伝わってくるのはよくお分かりだと思います。

屋根の熱が屋根、小屋裏、天井と伝達して部屋を暑くします。

実感されている方も多いのではないでしょうか。

 

これを防ぐのは屋根の断熱です。

これは大きくいって二種類あって、屋根断熱と天井断熱です。

 

屋根の形状にそって屋根で断熱しているタイプが屋根断熱。

天井に断熱材を敷き詰めているタイプが天井断熱です。

 

屋根断熱のほうが有効だと思います。

屋根断熱をお勧めする理由はやはり、夏の暑さが違います。

冷房する面積というか、体積は増えるわけですが、暑さがまだましです。

輻射熱が少ないからでしょう。

 

それに小屋裏を使うことができます

ロフトや小屋裏収納を造ることができます。

また、勾配天井にして解放感を出すこともできます。

 

天井断熱は小屋裏を使えません。

施工は天井に引き詰めるだけなので簡単そうですが、意外と隙間ができます。

天井をつっている個所も多いですし、ダウンライトのあたりも弱点です。

逆に天井断熱の利点を一つ言うと、断熱材の厚さを増やせるということです。

 

冬ももちろん、屋根断熱は大切です。

上から熱が逃げていきますからね。

 

まずは、このくらいを基礎知識として持っていていただけたらと思います。

今どきは注文建築をメインでしている会社なら、壁の断熱くらいはどこでもしっかりしていると思います。

 

差が出るのは、屋根の断熱。窓。換気システムだと思います。

 

屋根は屋根断熱か。

窓は前回書きました。「樹脂サッシ+Low-Eペアガラス(アルゴンガス入り)」以上のものがついているか。

換気システムは次回にでも書こうと思います。

熱交換機能がついた第一種換気か。

この辺りがチェック項目だと思います。

 

しっかり断熱されていると、部屋の空気が違う感覚があります。

寒くない、暑くない。

エアコンをかけていても、室内の上下の温度差が少なく、部屋間の温度差が少ない。

だから家全体が過ごしやすい

 

快適なだけではなく、冷房暖房がよく効く。

冷暖房効率がいいということは光熱費が少なくて済むということです。

体にもいい。

病気を予防して、事故やケガが少なくなる。

良いことだらけです。

 

うちの地域はそんなに寒くないから。

と言わずに、しっかり、断熱してください。

逆に私、五条は西日本にしか住んだことがありません。

東北以北はこんな記事では、片腹痛いのかもしれません。

その地域の方にはいろいろ教えていただけたら、と思います。

 

では今日はここまで。

ありがとうございました。

 
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)