工務店、ハウスメーカーの選び方入門編

あなたのためにいい家を建ててくれる工務店、ハウスメーカーはどこでしょうか?
どこに頼めばいいのか?
どう決めればいいのか?
どうすれば出会えるのか?

業者選びが大切、3社を比較する

お悩みだと思います。
悩んで当然です。
大げさでなく業者選びが家づくりの半分を占めるからです。

ですから、これを一記事でまとめることは難しいのですが、まずは入門編ということで書いていきます。

まず、3社くらいはじっくり検討しましょう。
これは基本です。

1社だけというのはよほどの理由がある場合のみです。
例えば、信頼できる人からの紹介。
あるいは何か縁があって、ずっとあこがれている住宅会社がある
などです。
(それでも軽く他の住宅会社をのぞいたほうがいいとは思います。)

下調べとしてネットで調べる。資料請求する。

3社を検討するということは
その3社を選ぶために
5~10社を調べて3社に絞ってください。

この最初の選ぶときは
ネットで調べるか。
資料請求してカタログを集めるか、してください。

資料集めは住宅展示場に行かないほうがいいです。

この最初の段階で住宅展示場に行くと
モデルハウスは面白いのですが、
いろいろ営業攻勢されて疲れちゃいます。

総合展示場などに行って各社回って資料を集めようとすると
いちいち営業マンと話をする羽目になり、
文字通り日が暮れます。

何が何やらわからなくなります。
疲れてしばらく動く気がなくなります。

最初は人に合わずに資料を集めるかネットで検討して、
絞った3社を訪問してください。

同時に勉強する

その絞る作業と並行して、
このブログなどで家づくりの知識を入れていってください。

営業マンに話を聞きながら勉強してもでもいいですが、
その営業マンが信じられるか。
あるいはどのレベルか判断するにも
ある程度は知識が必要ですから。

モデルハウス、会社訪問して担当者に会う

そして、いよいよ
工務店やハウスメーカーを訪問するわけです。
① モデルハウス、会社
②完成見学会
どちらから行ってもいいです。
ただ、最終的にはどちらも行ってください。

モデルハウス、会社を訪問するときはあらかじめ予約してから訪問したほうがいいです。
対応が違います。
時間をとっていろいろと説明してくれます。
営業マンがいないということもありませんし、無駄足になりません。

少し緊張するかもしれませんが、
ぜひアポイントを取ってから行くことをお勧めします。

その時の事務所の内装、働いている人の雰囲気が自分の感性に合っているか
よく注意してください。

実例を見る

それから、過去の仕事を必ず見てください。
それが完成見学会ですね。
こちらのほうは敷居が低くて行きやすいと思います。

実際に引き渡す建物を見ることはすごく大事です。
モデルハウスは現実離れして大きすぎます。

完成見学会の会場となる家も普通より立派な家のことが多いですが、
それでもモデルハウスよりは現実的です。

この完成見学会は最終決めるまでに何棟か行ってください。
1棟では少ないです。

何棟か見ればその会社の建てるテイストはわかると思います。
建物が好きかどうか。
ちゃんと感じてください。

図面、見積もりをもらう

そうしながら、図面を書いたり、見積もりをしてもらったりするわけです。

途中でどこも嫌になったり、1社になったりしたら、
また候補をさがして
最終的に2~3社から見積もりをもらってください。

さらっと書いてきましたが、
これだけで相当の作業量になります。

時間、労力がかかります。
この動く中に自然といいなと思う候補が出てきます。

もちろん、ここにあげた数は参考です。
強く気持ちが動く1社があれば、そこと話を進めていってもいいです。

ただ、一般的に複数候補があるほうが、
競争原理が働きますし、
価格などもそれに反映します。

一次情報が大切

そして、最終決断の時です。
できるだけ生の情報にあたってください。

どういうことかと言いますと、
頑張って探せば、その会社で数年前に建てた人に会えると思います。
友達の友達とか、つてをたどって実際に建てた人に意見を聞いてください。

あるいは、担当営業マンに実際に入居済みのお客様の家を見せてほしい、
と依頼してもいいでしょう。
この場合、訪問先のお客様は営業マンがチョイスしますから、
基本的にその会社に好意的な人ではあります。

いいですよ、と言って候補のお客様を4,5人あげられる営業マンなら実績のしっかりした営業であるとみていいです。

自分が担当した家の何件かはいつでも堂々と見せられる。
それも外から見せて終わりでなく、
家のなかもきちんと見せてくれて、お施主さんが快く話を聞かせてくれるか。

これ大事です。
お施主さんが話を聞かせてくれるということは
家づくりの過程、家の出来、アフターサービスに満足していて
業者と関係がいいということですから。

最終決断までなかなか大変そうですね。
でも大丈夫です。
ここで実践ノウハウを公開していきます。
一緒に頑張っていきましょう。

最後に豆知識。
工務店、ハウスメーカーと接触するとアンケート記入を言われます。

モデルハウスでは書いても書かなくてもいいのですが、
完成見学会では書くのがマナーと言われています。

一般のお客様が家を開放しているのですから、
身元を明らかにして見せていただくということです。
では今日はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)