住宅ローン、さらに借りるには?

前回、A銀行は
年収400万円の四条さんに3,200万円、35年の住宅ローンを貸してくれる。
という話をしました。

しかし、四条さんの借入希望額が3,500万円だったら、あと300万円足りません。
さらに借りるには四条さんはどうすればいいでしょうか?

A銀行は
年収400万円以上を返済負担率35%
審査金利2.5%でした。

そして、この審査基準の返済負担率と審査金利は
各金融機関で違う、という話も前回しました。

ですから、B銀行、C銀行と
もう少したくさん貸してくれる銀行を探すという手が一つです。

特に都市部では金融機関がたくさんありますから、金融機関同士の競争が激しいです。
たくさん貸すことを「売り」として、融資を伸ばそうとしている金融機関もあるわけです。
たいてい、その時その時で一行か二行は突出して貸してくれるところがあります。

そういう事情から、シンプルですが「他をあたる」というのは有効です。
意外とたくさん借りられる場合があります。

しかし、普通よりたくさん貸してくれる金融機関は
その分、金利が少し高かったり、保証料が高かったりすることが多いので
そのことを承知の上で検討してください。

他の手として
もう一人、別の人の収入を足す方法もあります。

これを収入合算と言います。

奥様が働いているか?
働いているなら、合算できる場合があります。

この合算者の基準も各金融機関まちまちです。
パートでもOK、あるいは正社員しかダメなど、いろいろです。
合算者の年収は半分しか見てくれない金融機関もあります。
個別に確認が必要です。

では、四条さんの奥様がパートで働いていて
年収100万円の場合。

A銀行はそのまま合算で審査してくれるとすると
四条さんの年収400万円と奥様の年収100万円。
世帯収入の合計は500万円。

前回の式を当てはめると
500万円×35%=175万円(年間)
175万円÷12ヵ月=14.5万円(月額)

そうしますと、3,500万円を35年間、2.5%で借りると
月々12.5万円の返済です。

先ほどの数字14.5万円>12.5万円ということで

四条さんはA銀行で奥様の収入を合算すると
希望額の3,500万円を35年ローンで借りられるということです。

まだ借入枠に余裕がありそうですね。
ちなみに4,000万円、35年で審査金利2.5%なら、月々14.2万円です。
ですから、14.5万円>14.2万円
ということで最大4,000万円まで借入可能そうです。

このようにもう一人の収入を足せたら、劇的に借入金額が増えます。

ご両親がまだ働いていたら、ご両親に合算者になってもらってもいいかもしれません。
奥様のご両親でも構いません。
四人が対象ですから、誰かお一人働いていたらその方を合算しましょう。
借入希望額に届く場合が多いです。

フラット35なら年金でも合算できます。

ご本人夫婦が40代後半、50代でご両親が高齢でダメなら
逆に子供が合算できないか?
この辺りを検討してください。

このように収入合算は大変強力な借入金額を増やす方法です。
ただ、1人足して、2人で返す形しかできません。
3人4人合算することまではできません。

そして収入合算は配偶者、親、子などの直系尊属しかできません。
いくら仲が良くてもお兄ちゃんの収入は合算できません。

兄弟、姉妹はできません。
いずれ世帯が分かれるだろうということでしょう。

レアケースですが、
私は最近、若い本人と年金の祖母の収入合算でローン希望金額を通しました。
フラットで通りました。
こんな手もあるのですね。

そうそう、婚約者も合算できます。
ただ婚約の状態で申し込んで承認が出ても、融資実行時には結婚していないといけません。この点注意が必要です。

恋人同士で家を見に来て、結婚と同時に家を買うという人も増えています。
なぜか社内のほかの営業マンより私のお客様に明らかに多いです。不思議です。

最後に言わずもがなですが、
無理をしてお金を借りてはいけません。
絶対だめです。
このページはそういう意図で書いているわけではありません。

無理をしていい人は、今の収入よりも数年後には確実に上がる人
例えば、今奥様はパートだけれど、(子供が学校に行くから)来年は正社員になる。
などの場合に限ります。

以上、「住宅ローン、いくら借りられるか」の続編でした。
次回は「住宅ローン、ほかのローンがある場合どうなるか?」
逆にローンの限度額が減るわけです。
どう減るのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)